わきが手術は裏技を使っても痛いのか

わきがの症状が軽度であればデオドラント商品などで制汗効果を期待できたり臭いを抑えることができますが、症状が重度になると効果が高いと言われているデオドラント商品を使っても臭いを改善することができない場合があります。

重度のわきがを改善したいと思ったときは、手術を受けると臭いを解消することができます。
最も効果的な施術は、メスで患部を切開し、医師がエクリン腺とアポクリン腺を取り除いていくという手術です。
この手術を受けると、重度の症状の方も1回で臭いや汗を取り除くことができます。

メスを使う手術なので、痛いのではないかと痛みがあるかどうか心配に思っている方も少なくはないようです。
手術は事前に麻酔を行うので、術中に痛みを感じることはありません。
麻酔を打つときもそれほど強い痛みを感じることはないので、痛みに弱い方でも安心して受けることができます。

 

手術中は痛みを感じることはほとんどないのですが、術後麻酔が切れた後から数日じんじんするような痛みが起こります。
鎮痛剤が処方されるので、鎮痛剤を服用すれば治まることがほとんどですが、それでも我慢できないような痛みが続くときは、早めに医師に相談しましょう。
術後の痛みが続く期間には個人差がありますが、1週間程度痛みが続くこともあります。

 

また、術後は、内出血が起こらないように幹部を包帯などで強く締め付けます。
この締め付けがきついと痛みを感じることがあります。
痛いと思ったときは、痛みがあることを伝えると調節してもらうことができます。

 

これがいわゆる痛くならない地味な裏技?です(笑)

 

結論としては、ほぼ手術中は痛みはないですが、術後は多少痛みがあるので我慢しなくてはいけないということです。

コメントを残す