美味しい【一番最安値】の水を購入する方法とは?

345821

飲むお水と言えば、「ミネラルウォーター」。

 

日本もすでにこれが常識になったといえる今日このごろ。

管理人が子供の頃はお水を買って飲むというような発想はまだあまり定着していませんでした。

それが今では目にしない日はないくらい、どこでも見かけるようになってしまったミネラルウォーター。

あなたも何も考えずにミネラルウォーターを購入されていますか?

もしそうであるなら、これを機会にもう一度よく考えて見られるようにおすすめ致します。

219523

もちろん、塩素のカルキ臭が嫌だという方からすれば、水道水よりミネラルウォーターのほうが飲みやすいかもしれませんが、【安全性】という角度からいけば、実は水道水のほうが厳しいチェックを受けて提供されていることをご存知でしょうか?

 

水道水の検査基準はミネラルウォーターの2倍以上!

 

ミネラルウォーターは食品衛生法に基づき18項目で水質基準が定められ、それにパスしたものが売られています。

一見、とても厳しく見える条件ですが、実は水道基準について、水道水は水道法で50項目もの検査項目をクリアしなければならないのです。

例えば、『ヒ素』は発がん性物質として噂される微妙な成分ですが、ミネラルウォーターは食品衛生法に基づき1リットル当たり0.05ml以下と定められています。

ですが、水道水では水道法に基づき1リットル当たり0.01ml以下と制限されているんです。

実にミネラルウォーターの5倍も厳格な基準ですから、この意味で安全度も5倍といえるわけです。

 

345821

 

水道水の塩素問題はもう時代遅れ?

 

水道水を毛嫌いしてミネラルウォーターしか飲まない方は、『水道水の塩素が嫌い。塩素と水が反応して発生するかもしれない発がん性物質だって心配だし』と考えておられるかもしれません。

しかし、それらを軽減するために、現在では【高度浄水処理】という設備が設けられているのをご存知でしょうか?

 

これによりカルキ臭の元になるアンモニア窒素やトリハロメタン(カビ臭原因物質)等をしっかり処理することができるようになりました。

大阪市では塩素の変わりでオゾン消毒に切り替えた結果、水道水がかなりおいしくなったと評判になっています。

オゾンは塩素の7倍の殺菌作用があるので、塩素処理がなくなっても安全なお水を提供することができますし、そのおかげでカルキ臭も減り更に美味しくなりました。

まとめ

 

ミネラルウォーターだけ飲んでいる生活をしていると、以上でご紹介した水道水の進化に気づけなくなってしまうかもしれません。

それで、時には水道水にも関心を向けてあげてガブガブ飲んでみるようにしてください。

きっと前よりも美味しく安全であることが身体を通して体感できるはずです。

 

One Response to “美味しい【一番最安値】の水を購入する方法とは?”

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す